体育システム Ver.3 (TEST_MODE) (ja)

2017年春学期 火曜4限「フェンシング」澤田 聡・小林 さと子

SA: 工藤 渚沙

授業の目的: ヨーロッパに起源をもち発達してきたフェンシングの、軽快なフットワークや、巧みな剣さばきで相手を突いてポイントを取り合う競技の面白さを指導する。
初心者のみならず、経験者にも満足できるプログラムを提供する。

日時 場所 テーマ 内容 資料
1 4/11 剣道場 ガイダンス フェンシングとは、種目・用具の説明
2 4/18 剣道場 美しい形で 基本の構え・フットワーク
3 4/25 剣道場 手と足のバランス 基本のフットワーク、アームワーク
4 5/2 剣道場 相手に応じて動く フットワーク・相手の動きを見る。
5 5/9 剣道場 アタック(攻撃)のいろいろ 試合形式の練習・剣を捉える
6 5/16 剣道場 パラード(防御)のいろいろ 試合形式の練習・剣を捉える
7 5/23 剣道場 アタックとパラードの組み合わせ 試合形式の練習
8 5/30 剣道場 ルールの研究、審判のジェスチャー 試合形式の練習
9 6/6 剣道場 戦術とは 試合形式の練習
10 6/13 剣道場 団体戦の戦い方 試合形式の練習
11 6/20 剣道場 長所をいかす 試合形式の練習
12 6/27 剣道場 間合いの重要性 試合形式の練習
13 7/4 剣道場 改めてエペを考える 試合形式の練習
14 7/11 剣道場 成果の発表会 試合

備考: 初心者と経験者(2回目からは経験者です!)にわけて行いますが、さらに経験に応じて柔軟な授業を行います。

注意事項: 長いズボン(ジャージ)を必ずはくこと。ただし膝の曲がらないGパンは不可。
シューズがなければ参加できません。(必ずうち履きを使用)
着替えのTシャツやタオルも忘れずに。
髪の毛の長い人は束ねるゴムなど必ず持参してください。

メッセージ: 剣をもって自在に動かす魅力と戦術の面白さやメンタルが及ぼす影響を体験してみてください。
自分の性格に気付くかもしれません。

Copyright© 2000-2015 Tatsuya Hagino and Keio SFC Wellness. All rights reserved.
E-mail: taiiku-system@sfc.keio.ac.jp